こころから消せない大切なお人形・・・・壊れたからといって、捨てるに忍びないお気持ちは、どうぞお人形に伝えてあげてください。『博多人形のごとう』では、人形のご供養をさせて頂きます。

092-531-1510 メニュー

人形供養について

ご家族の思い出や大切なこだわりがいっぱいの人形達。

長い間、生活を共にしてきた、お人形は家族同然です。

しかし、「生じたるものは必ず滅す」とお釈迦様が説かれたように、
可愛がっていた人形達も必ず古くなり、壊れてしまう事もあるでしょう。

こんな人形達だからこそ離しがたく、
むやみに処分するわけにはいきません。

だから人形供養をご希望される方々が多くいらっしゃると思います。


あなたの、その優しい心は必ず人形達には通じると信じています。

私共は、そんな大切な人形達を人形供養寺にて、心よりご供養させて頂いております。


博多人形供養の由来と祥勝院とは
祥勝院

人形供養は、1979年(昭和54年)から始りました。
祥勝院で人形供養と博多人形作家物故者慰霊祭を行なうようになった由来は、 四代目正木宗七作の「延命地蔵像」がここで発掘されたからです。
このような 祥勝院と博多人形との深い関わりが確認され、 毎年12月の第二土曜日午後1時30分より執り行なわれるようになりました。

  祭壇   法要の様子

人形供養では、下記の事を行なっております。

  • 博多人形作家物故者供養
  • 人形供養
  • 人形用具の奉納(ヘラ・筆、等々)
  • 一般参加者人形奉納

庭での供養 人形は、博多人形・日本人形・ぬいぐるみ等を供養しております。
尚、危険防止の為大きなぬいぐるみ・ガラスケースはご遠慮ください。
集まるお人形は、約3,000体位で 式はお庭での供養を含めて40分位で終了します。

祥勝院は、承天寺の塔頭のうちの1つです。鎌倉時代の創建で、開山は聖一国師の高弟南山紫雲とされています。


博多人形供養寺 祥勝院へのアクセス

〒812-0011
福岡市博多区博多駅前1丁目7-37
TEL  092-431-3595

※市営地下鉄「祇園」駅、西鉄バス「祇園町」停留所から徒歩約6分

博多人形供養寺 祥勝院へのアクセス

■人形供養日:12月第二土曜日のみ



▲ ページの先頭へ
カテゴリ別 作品紹介
ご用途別 作品紹介
サービス
その他